読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPPINグランプリ

人からの頂き物、自分で選んでいないアイテムについてのメモ。

 

BeautyBubble スキンピールパック モイスト

BeautyBubble スキンピールパック モイスト

 

 

・炭酸パックってなんだ、一時期流行った水素水的なものか?

・A液とB液を混ぜ合わせる?面倒くさそうだ

・「洗顔後に使用」「塗って剥がすだけの炭酸ピールパック!」とあるが、十中八九、洗顔後にもかかわらず、もう一度洗い流さなきゃならないやつだろ…?

・そういえば昔は、顔面をカバーするようにクリーム状のものを塗り、乾燥したらピリピリと剥がすタイプのパックばっかりだったよな(サザエさんがしていると、カツオが笑わせに来るやつ)、いつからシートタイプになったのだろうか

 

などが気になって、実際に試してみました。

まず、コンビニでアメリカンドッグを買うと貰えるケチャップとマスタードのように、液体が入った袋を二つ折りにし、中身をグイグイ押して、A液とB液とやらを混ぜます。ただ、混ざり具合の実感が全然わかりません。理屈としては、A液とB液が混ざることで炭酸が発生して、それが何か肌に良いようです。あまり効果は求めていないので、肌に対するあれこれはあんまり気にしていません。30秒ほど混ぜろ、と書いてあるので30秒程度揉むのですが、疑心暗鬼で揉み始めるため、何秒経っているかが既にわかりません。おそらく30秒は優に超えているのですが、それでも不安になり、そこから再度30秒カウントをしました。

そして開封。混ぜ合わさったジェル状の液体を手のひらに出す、のが難しい。開封すると大幅に袋が破けてしまうため、少しずつ手に取ることが難しく、割とダボっと出てきます。それを指先に撫でつけて顔面に塗布。直後は肌がピリピリしました。頬、鼻、口の周り、おでこ、目の周りへと塗ったくって行ったのですが、口の周りあたりがピリピリした。これが炭酸効果なのだろうか。

簡単に塗布した、と書いてあるが、ジェルのゼル感がなかなか。気持ち悪いというか、ゼルゼルしている。更に手のひらに出した時点で、オレンジ色の部分と白っぽい部分に分かれており、A液とB液が十分に混ざっていないと見受けられ、くそっ、と思いながら手の平で一応混ぜる。指にとってから顔面へ塗った時の、顔面表着率の手応えが薄く、指の方に結構残っているので使用方法:厚めに塗布、というのが実現できるのかが気になってくる。しかし、どうしようもないので、手のひらに乗っているゼルを全て顔になで付ける。

最後に手に残ったゼルも、一つの指でこそげるように取り除いていくのだが、そのあとの手洗いが結構手間だった。するっとは落ちない。液を退けるように、しっかりと落とす。

そして20分、待機する間にここまで書いたので、「塗って剝がすだけ」の剥がすのターンに行きたいと思う。

 

そして剥がした。

オレンジ色の、顔の上に乗ったスライム、肌の色が透けて見える程度の薄さのジェルなのだが、厚めに濡れているところは剥がれる。塗って放置したゼルが固まっている。口元、鼻、頬あたりの凸部分は比較的綺麗に剥がれるのだが、頬の端、顎のカーブ下などの薄い部分ははぐれゼルが皮膚に残るので、垢をこそげるように縒ってこすって剥がすことになる。これのついでに皮膚自体を拠ってしまいそうになるので、やはり洗顔は必要。

しかし大部分のゼルが剥がれる様子はスタンド攻撃を受けたかのような気持ちになれるので少し楽しい。また、使用感も毛穴の汚れなどが取れるわけではないが、肌質はなんだかこざっぱりとした。具体的にどうかはわからないけれど、こざっぱりした。使用感、悪くなかった。

プレイ日誌:FF15(クリア後、ネタバレあり)

FF15の旅が終焉を迎えました。感無量。攻略情報も殆ど見ずに(サブクエスト1個だけ見てしまった…)、サブクエストもかなり潰したし、メインストーリーもしっかり終了した。イグニス君、プロンプト君、グラディオ君、他のみんな、ありがとう……ノクティス君お疲れ様……!!

 

サブクエストをかなりやり込んだからこそ、本編の人間関係に厚みが出たのめっちゃ良かったです。RPG普通そういうもんなのかな。世界各地で王子が何をしたか、というのが後々の王の行く道に関係してくるっていう設定すごい好きだった、仲間と旅の道中で人々と培ったものがあるからこその、ていう。

 

あと一つ気付いたことがあるんですけど、ストーリーを見るとき、今回ゲームで気付いたけど映画でも視覚的であればあるほど(小説だと字面になるからまた別)根本的に話・ストーリー自体の成り立ちよりも、何よりも「キャラクター」が私は気になるんだなぁ、と思った。

 

話の凸凹・起伏よりも、このキャラクターって、ここでこんなことを言うような背景あったっけ?っていうのがめちゃくちゃ気になる。作中で知れれば綺麗だし、設定だけでも良いから情報として知りたい、納得したい、その言葉をなんでその子が発したのかの整合性がめちゃくちゃ気になってしまう

 

イグニス君の話なんですけど、彼、戦闘の中で一度大変な目に遭い、戦線離脱するか?という話にもなるんだけど、「嫌だ、自分の責任は自分でとる、死んでも構わないから同行させてくれ」ときっぱりはっきり言い放って、周りも納得させるぐらいの気迫を放つというシーンがあるんだけど、だけどですよ

 

「何故そこまでして王(主人公)に尽くすか」の部分に作中一切触れられてないんですよ……そこはさぁ……それがあってこそのイグニス君の男が上がるって話じゃないんですかねぇ……イグニス君めっちゃ格好良かったよ……痛切な、王に殉じる覚悟を言い放つすごい良いシーンだったんだけど……

 

っていう話を1人クリアしてる友人に話したら「とても良い子なんじゃない?」って言われて、あぁ、私はキャラクターにこだわりすぎているのか……と思った、っていうのまで含めての気付きなんだけど、どうしてもイグニス君がどういう折り合いをつけた上で王家の軍師を務めているのかが知りたいです!!

 

いやでもなんか、やっぱり絶対に、イグニス君が何を諦めて何を受け入れて、何を想って軍師として王と共に旅をし、我が身の危険も顧みず、仲間の足を引っ張ることも理解した上で王に同行したいと、身を切る思いで仲間たちに伝えたのか、には覚悟の裏側がないと説得力ないと思うんですよ!!!

 

ただ俺もここまで来たんだから最後まで一緒に、とかそういうライトな感情じゃないと思うんですよ、イグニス君超絶頭の良いエリートインテリ参謀なんですよ!!??柔らかい感情をたくさん抱えた上で、最後に男らしく割り切って物事を進めようとする、王族に仕える身の覚悟が私は見たいんだよ!!!

 

 

 

というのが、Twitterより引用した私のクリア直後の感想です。クリアしたのは1月5日。

ゲーム全体の感想とかはあまりうまく説明できないというか、きっとどういうストーリーでどういう終末であっても「そうなのか……」以上には、好き嫌い以上に話せないと思うので特にありません。強いて言うならあんな結末になって寂しい、とは思うのですが、終末に至るエピソード、シーンごとに素敵な情景があったので楽しかったです。仲間の素晴らしさを知るストーリーであったなら、そこはもう十二分に堪能させていただきました。もうほんとう、仲間大好き!3人がいなければ旅なんて続けられないしダンジョン探索もできなかったし、きっとノクティス王子も3人が国にいたからこそ聖石と共に夜を晴らす偉業に殉じることができたんじゃないかなぁ、とか色々。シーンごとの演出は良かったなー、としみじみ振り返っております。

 

そんな全体の感想を別にすると、私はプレイ途中から気になっていたイグニス君の心理的バックグラウンドが明かされなかったのが、言ってしまえば納得できないし、希望としては前述の通り、失明後の彼の覚悟の裏打ちとして必要な描写だったのではないかと思うわけです。

クリア後の晩、その点が気になりすぎて『Brotherhoof FINAL FANTASY XV』も見ました。

グラディオはゲーム内、巨神の力を借りに行く途中で「王の盾という立場について、自分なりに折り合いをつけて、誇りに思っている」と話している。アニメの方では「あんな奴嫌いだ」ぐらいのことを言っていたのに、役割は全うしながらも、妹とノクティスの関係の中から根性あるな、というところを認め始めた。王の盾、については自分の中で折り合いをつけられたようだし、ノクトとの仲についても恐らく成長の中でより親密に、信頼関係を築いていったんだろうなぁ、と。父親がレギス王と立場を超えた絆を持つ将軍だった、というのも王の盾であることを支えるのかなぁ、とも思うし。

プロンプトは、アニメで仔細に語られたけどゲーム内の会話イベント同様、昔から憧れていて、努力して自分を変えて改めてアプローチするぐらいには王子の存在を知っている一般人で、でもその壁を(自分の努力の結果ゆえの)自らの持ち前の性格で取り払って、無二の親友になった同級生なので、この2人については、王と侍従という業務の関係ではなく、友人だから支えたい、力になりたい、というシンプルな気持ちでノクトと一緒に旅をしているんだろうな、と思う。し、過去に色々あって、友人、友達、仲間を大事にしているからこそ、というのもさらに旅の理由を深める背景だと思う。

 

しかしイグニス君はどうだ……Brotherhoodの中で、既に小学校に通うノクトのお迎え役をしていたし、高校時代のノクトの家に通って掃除洗濯的な家事と、体調を気遣う料理をするシーンばかりではないか……。想い出のお菓子、を作ることがテーマのエピソードで、ノクトには口うるさく接しながらも、彼の想い出のお菓子を再現しようとする優しい、人間味のある部分もあるんだよエピソードなのかもしれないけど、

いやそうじゃなくて、高校〜大学生ぐらいの年頃にして既に大臣会議?の書記役を務め、(自分が仕事がきちんと出来る、または責任感が強いあまり)王の頼りなさを懸念し、という生活に彼はいつから染まったのか、そして何をモチベーションにその軍師になるべく道をハイクオリティなインテリジェンスで歩んでいったのか、その補足をお願いします……。

 

グラディオ君も家系、血筋で与えられた仕事という点では立場は一緒だけれども、父親の存在であるとか、本人が誇りに思っていると明言している点で「なるほどなぁ」と思えるんだけど、イグニス君はそれが皆無だと思うので、そこを少しでもいいから聞きたいです。回収し忘れたか見落としているのでしょうか……。眼鏡を黒チョコボに奪われる姿も、プロンプトの写真で街中で眼鏡を拭いている姿も見ることができたんだけど、何故に、ノクトを、王を支えることに人生を懸けている(ことに納得している)のかは見えなかったので、アルティマニアを購入すれば知ることができるのだろうか?と思い始めたところです。(アルティマニア高いのでスッと購入することができない…)

軍師の仕事に前向きなことしか発言しないイグニス君、失明した自分が同行すると仲間に迷惑をかけることを承知で、それでも王の旅に同行したい、死んでもそこは自分で責任を取るから一緒に行きたい、と語ってくれたイグニス君の思いの裏側をどこかで知ることができますように……。

 

と、イグニス君のことばかりを考えてしまったクリア後でした。

Twitter引用部分でも言っていますが、どうしても、ストーリーで起きたどうこうより、キャラクターがどう描かれていたか、という点が気になってしまうのです……。

プレイ日誌:FF15

もともとあまりRPGはやらないのだが、FF15をプレイしている。随分と前に公開されていた告知動画、4人で車に乗っているロードムービーっぽさが良いなぁ、と思っていて気になっていた。で、買ったのですが週末と休日にしかPS4を起動しないことにしておりますので、12月中は週末2日ぐらいと、あとはほとんど年末年始にプレイをしているのですが、まー面白い。

最近はFPSばかりをプレイしていた。直近ではCOD、4のリマスターをやったりしていたのと、過去にもあまりRPGはプレイしていないのでだるいかなー、等とも思ったのですが、まー面白い。どこが面白いかはまぁいろいろあるのですが今日のプレイメモ。

 

Chapter2〜3ぐらいで、やることがなくなるまで各地モブハント、サブクエストをプレイしまくり、やっと先日本編を進め、今カエムの岬で船を待たせている状態になりました。で、またうろうろできるタイミングになったので、各地を行き来しているのですが、念願の淡水魚の主と、太公望の悪魔退治まで来ました!!!ヴェスペル湖畔のモブハント後に、標でキャンプをしたら翌朝グラディオ君が「釣りしようぜ!」と声をかけてきてヴェスペル湖で淡水魚の主を。200cm越えの大物を、最後の引き揚げるところで湖に飛び込んでくれたグラディオ君ありがとう……。でも2人できてしまったので、プロンプトがいないから写真を撮ってもらえなくてめちゃくちゃ残念でした。

 

その後、なんやかんやして伝説の釣りおじさんに会いにいき、釣りクエスト最終章へ……。SNSで釣り上げた後の4人のリアクションを見て、とても楽しそうでいいなーと思い、これを釣りあげるために私は「釣り好きだね」「そんなに釣り楽しい?」と言われても、各地でちまちまと釣りをし、釣りスキルを上げてきたのだ………!!!

ということで、今までの成果の賜物、釣りレベル8だったのですが伝説のアイツを無事釣りあげることができて最っ高に楽しかったです。プロンプト君もちゃんと写真撮ってくれたし、魚抱えてる3人だけかと思いきやちゃんと4人写っているショットも残っていて良かった。

 

で、何ってこの、今までの積み上げの成果がサブクエストの結果に結びつくのが本当に楽しいな……!ということで、まずキャラクターの趣味が、属性などに結びつくのじゃなくて趣味単体でスキルレベルを上げることができ、なおかつゲーム中の生活に紐付いているのがすごく良いな、と思いました。主人公は趣味の釣りだけど、「俺、夢を釣り上げちゃったかも!」というぐらいに熱を上げてくれるし、イグニス君はお料理上手で皆をパワーアップさせてくれるし…といった具合に。

ただ一つ気になるのは、グラディオとプロンプトは「やったねすごいねー!」って褒めれくれる釣果の時に、イグニス君が何も言ってくれないことです。「うまそうだな」とか、なんか言ってよ……さみしいじゃん……後で皆で食べようよ……的な気持ちになるじゃん……。でもノクトが「これはっ!」て言った時にイグニス君が「あれはっ!」っていうのはひょうきんな感じで好きです。

 

あと今日はコースタルマークタワーへ行きました。怖かった、暗いし奥深いし、敵強いし……あと道も入り組んでるし、ダンジョンの狭いところカメラワーク悪くてノクトの動きが見えないし……あと間違えたら気分が爆死しそうなヒヤヒヤ感と隣り合わせで、恐る恐る進んでいったのですが、足場が動くシーンで仲間が遠くにいたりすると早く来て!早く一緒に来てくれないともう無理!早く皆!!!と思うぐらいには仲間が一緒じゃないと戦えないというか、皆がいてこその冒険じゃん!という気持ちでプレイをしておりました。

 

正直、Chapter2あたりでモブハントしまくっていた時は、ストーリーがそう進まないうちにお使いイベントをしていたので互いの立ち位置やキャラクターがいまいちわからなかったのですが、タイタンの巨人のところで自分の役割についての思いを話してくれたグラディオ君や、そのもうちょい前で、実はノクトのことを……っていう話をしてくれたプロンプト君、あとイグニス君も「服のボタン取れかかってるぞ」とか気付いてくれたり、あとは何より日々の運転とお料理担当をしてくれることでありがたさが募ってですね……段々自分が主人公気分で皆の名前を呼びながらゲームをしているのが楽しくて、FF15楽しいなぁ、面白いなぁ、と思う中で仲間良いなぁという気持ちも付いてきて一層プレイするのが楽しくて、これがRPGの醍醐味なのかなーなどと思ったりしました。いやでもイグニス君はまだエピソード足りないような気がしますが。お料理お手伝いイベントも2回ぐらいしかやってないしなぁ。

 

明日はやっとメインストーリーを進めようかな、というぐらいにサブクエストや探索も潰してきたので、引き続きプレイするのが楽しみです!!

 

と、今年から日々の呟きをブログに纏めていきたいなーと思ったけどどうしても最初に構えてしまうので、とりあえずのプレイ日誌でした。

うまいもの話:青森県

東北へ行った。

・函館といえばイカ、イカがうまいと聞いていたが、「実は青森の方がイカがうまい、それは函館の人も言っている」と青森で聞いた。そしてイカを食べた。めちゃくちゃうまかった。「イカの生っぴ」というメニューがあったので尋ねたところイカの一夜干しだという。神妙な顔になるぐらいうまかった。

早く食べろ、と言われゲソから手を出したのだが、「お前は何で身じゃなくてゲソから食うんだよ!」と言われた。しかしゲソの方が量が少ない。身は沢山ある。そこから「謙遜しているように見えながら、実はみんなゲソが食べたいのだ」という話になった。ゲソって美味しい。

 

・青森といえばホタテ、とのこと。ホタテ刺し、ホタテの天ぷら、ホタテの磯焼き。全部うまかった。青森ではベビーホタテ、あの小さいホタテを味噌汁の具にするという。うまそう。

 

・青森のラーメンは煮干と昆布でスープを作るらしい。あとお麩が入っていたりする。よその土地へ家族がいる場合、スープだけ冷凍にして届けることもあるぐらい、そのスープがうまく、また家庭の味だという。そしてその煮干のスープがシンプルで、とても美味しかった。そばも黄色くて細くて縮れ麺、いわゆる理想の中華そば、という、思い描いた通りの中華そばだった。

 

 

銀座ラーメン
0175-22-0787
青森県むつ市横迎町1-1-5
https://tabelog.com/aomori/A0204/A020401/2003551/

 

・そういえばチャーハンもうまかった。何より刻まれたピンクのナルトが目に嬉しい。そこから派生してナルトの話、みそ貝焼きに最外周がピンク色のナルトが出てきた。確かナルトは、外側は白色で波型では……?と思ったが、やはり青森、函館は外周がピンクなものがメジャーらしい。何なら、緑色のナルトもあるとのこと。未だかつて見たことがない。

 

・「みそ貝焼き」はむつの名物とのこと。貝を味噌で和えて食べるのだろうか、と思っていたのだが、ホタテ貝の殻を鍋として、魚の切り身、ネギ、きのこ、豆腐などを並べ、煮干出汁?にみそを溶いた汁が沸騰したら溶き卵をかける。というもの。旅館の食事のように固形燃料の上にホタテの殻が乗った状態で供される。魚の切り身が乗っていたある店は味噌が濃すぎだけど、ホタテが乗っていたある店の出汁は非常にうまく、出汁だけ飲み続けたい、おじやや雑炊にしたいと思うほどに出汁がうまかった。

 

・下北方面にいたのだが、十和田の豚バラ焼きを食べ逃したのが残念でならないので、またの機会か東京の青森料理屋でいつか是非。

 

・豚バラ弁当とも迷って購入した駅弁がこちら。鯖の竜田揚げが美味でした。鯖握りはシャリが余る気がしたがサーモンは物足りない気がするという不思議な弁当だった。